綺麗にして高額で買い取ってもらおう!

>

車を売りたい

車内清掃が絶対!

さて、まずは車内清掃を行いましょう。
外装は、外を走っているわけですからどうしても汚れてしまいます。
しかし、内装に関しては乗る人が気を付ければきれいにすることができますよね。
実は、査定で見ているのは内装の方なのです。

では、内装はどんなところに気を付ければよいのか、というと、シートの下、フロアマットなどの下は細かなごみがたまりやすいところです。
マットはできるだけ外に出して、掃除機などで掃除しましょう。
内側の窓やダッシュボードのほこりはもってのほかです。
しっかり拭き取りましょう。
高価な車内クリーニングは必要ありません。
日頃からできるだけ綺麗に使うよう意識しておくことと、まめに掃除をすることが重要です。
できれば、消臭などもできると良いですね。

外装もきれいにしよう

洗車をすることは、絶対にいいとは言い切れません。
なぜかというと、車を買い取る側は明確に買取額を決める基準を決めているからです。
しかし、全く無駄であるわけではありません。

査定の少し前に洗車に行くことは良いかもしれません。
ようするに、査定士の方にこの車なら買い取っても大丈夫そう、という印象を与えられれば良いのです。
しかし、高価な洗車などをする必要はありません。

また、傷がついてしまったときに一生懸命直そうとしてしまうかもしれませんが、その傷の修復費の方が査定金額より高くついてしまうことがほとんどです。
潔くそのまま査定に出してしまいましょう。

泥だらけになっていたり、見た目が分かるほど汚かったりしないように気を付ければ大丈夫と考えておきましょう。


Share